どうも最近しょっちゅうと読む)製作意欲が湧かないので、すこし刺激を受けようと東京のギャラリー巡りをしてきた。写真や絵画を中心に五六カ所の展示を見て回った。それぞれになんらかの刺激を与えてくれたが、その中でこれは今回の主たる目的の個展でもあったのだが、安田雅和氏の写真展に大いに感銘を受けた。安田氏は京都在住の写真家で、以前よりコロジオン法などのalternative技法を研究発表されておいでの方。幸いにも在廊されたご本人に長時間お話を聞くことができた。15年ほど前からはカーボンベルベット(アンスラコタイプともよばれる)プリント技法を追求されており、今回もその技法でのプリント20点の展示であった。実はこのカーボンベルベットプリントは私が最初にやろうと思ったalternative技法で、材料なども揃え始めていたのだが、ほぼ同じ材料を使うカーボントランスファーの方に興味が移ってしまい、とうとう試みずじまいとなったいきさつがあった。それでもいつかやってみたいという心残りのようなものが存在していたのだが、はからずもその本物に出会うことができたわけである。この技法を簡単に説明すれば次のようなものだ。ゼラチンと重クロム酸の混合物を紙に塗布し、ネガを重ねてUV露光をする。これを水で膨潤させると硬化の度合いによるレリーフができる。この上にカーボン粉末を振りかけ、刷毛づかいによって望みの階調を現していく。いわばオイルプリントの粉末版、といえばお手軽に聞こえてしまうが、逆に作者の写真技術に加え絵画的センスが決定的な優劣となって現れる恐ろしい技法でもある。
 さて、安田氏の作品は全作パリの情景ということだが、漆黒のトーンがその名のようにベルベット生地のようなつや消しの艶をたたえ、光の角度では銀色のかがやきを放つまことに美しい画面であった。写真ではあまり使われないマチエールの美しさという言葉がふさわしいだろう。細部の写実描写を求める技法ではないのだが、逆にその特徴を生かすためのネガ作りからの工夫がこらされているという。不思議に被写体の持つ材質感や立体感も感じることができた。写真と絵画の幸福なfusionであろうか。
b0229474_20133355.jpg

at東京四谷 Roonee 247 Photography
[PR]
# by blue-carbon | 2011-07-30 11:09
 完成したバキュームイーゼルの働きを見ていただくことにした。本来なら実際の作品制作において、その効果の程度を紹介するか、理想的にはニュートンリング現象を使えればよいのだが、それは簡単ではないので以下の写真でお茶を濁させていただく。

 まず用意したのは新聞折り込みのチラシ。
b0229474_1893048.jpg


 これをぐしゃぐしゃに丸めて。
b0229474_1894399.jpg


 イーゼル上にざっと伸ばして置き、上から厚手のトレーシングペーパーとガラスをのせる。
b0229474_1895785.jpg


 まだ皺がありでこぼこなのでこのように不鮮明だ。
b0229474_18101455.jpg


 吸引を開始するとこのように圧着しはっきりした絵柄となる。もちろん全面に及ぶ。
b0229474_1812630.jpg


 これはエンボス加工のキッチンペーパー。ガラスは乗せてある。
b0229474_18124538.jpg


 吸引するとゴムスポンジとガラスの間に押しつぶされてこうなる。
b0229474_18105793.jpg


 このバキュームイーゼルの働きを言葉で説明すると次のようなものだ。

 1. ポンプが動いて吸引を開始する。
 2. 排気の溝を通じ、内側の空気が吸い出されていく。
 3. 両面テープの縁枠がガラスに密着し、気密性が高まる。
 4. 内部の気圧が低下するにつれ、ガラスが大気圧により押し付けられ、縁枠部分が押しつぶされるよう
  に下がる。
 5. 逆に内側のスポンジは負圧により膨らんで上がり、ガラスに押し付けられる。
 6. 4と5の相乗作用により、ゴムスポンジとガラスの間に挟まれた(複数の)紙類は密着が維持される。

※以上は瞬時に行われる。吸引をやめ開放すれば直ちに元の形態にもどる。このためにもゴムスポンジの復
 元性が重要である。
※空気が気泡のように閉じ込められて排出されず、局所的に密着を妨げることが心配であるが、私の使っ
 ているフィルムや感光紙の組み合わせでは、これまで不都合な空気の残留は見られていない。
※厚くて固い感光紙の頑固な波打ちにもかなり対抗できるが、プラスチックなどの固いシートを敷いた上に
 セットした方が効果的な場合もある。もちろん真空圧を上げることも。

最後に:
巧くできたと思ったプリントを子細に見た時に発見する密着不足のアマピンほどがっかりするものはない。このような簡単に作れるバキュームイーゼルでもその防御は絶大だから、真空ポンプさえ手に入るなら、ぜひご自分の工夫をいれて作られることをお勧めする。
[PR]
 のんびり作ってきたバキュームイーゼルも今回で完成である。
実は前回の状態でも、薄紙一枚ならガラスを乗せてバキュームイーゼルとして一応機能する。しかし、感光紙とネガフィルムを厚めに重ねた場合には、このままではうまく吸着しない。そのわけは中央部が高くなると周囲が浮き、エアが流入してきてしまうため。そこで、密着させたい物の周囲を密閉して中の空気を抜く、という仕組みが必要である。そのためには、排気溝の外側を少し高く、且つガラスとの密着性をよくしてやる。するとそちらが先にガラスに張り付いて外部との通気を遮断し、次に空気の移動が自由な中央部のエア抜きが進むのである。
 さて、具体的に外周の厚みをどれほどつけるかだが、中に挟む物の合計の厚みによる。私は、厚手の感光紙とネガフィルムの二枚重ねを想定して、およそ1.2㎜ほどあれば十分と考えた。そこでこの厚みの材料として両面テープを物色したところ、1.1㎜厚というものを見つけたのでこれを使うことにした。0.1㎜足りないが元々適当なので気にしない。本当に足りなかったら簡単な解決法があるのだ。両面テープにした理由は、適度な厚みと十分な長さ、そしてクッション性がありめんどうな糊付けも不要とお手軽だったからだ。平ゴムのような物でももちろんよいだろう。
 写真のように溝に沿ってどんどん貼っていく。注意点としては、できるだけ平滑に貼り皺をつくらないことと、角のつなぎ目に隙間をつくらないことである。
b0229474_1443763.jpg


 これで貼り終わった。実質これですべて完成したことになる。両面テープだからといっても剥離テープははがさずにおくこと。剥離テープの表面は滑らかなのでガラスとの密着が良好なのだ。(足りない0.1㎜分にもなる!?) もし剥がれたりいたんだりしたら、他のもの(セロハンテープでもポリエチレンの袋でも)で貼り代えればよい。薄目の両面テープを重ねれば厚みも調節できる。ちなみに私の前作はまだ最初のままである。
b0229474_147183.jpg


テープの上に定規を置いてみると紙類の「逃げ」の隙間がわかる。
b0229474_1474073.jpg


ガラスを載せてみた状態。ガラスは少し大きめでないと操作し難い。
b0229474_148818.jpg


 動作テストする。まずこのゲージ圧はソケット先をふさぎ、完全閉止状態にした場合で、つまりこの真空ポンプの能力いっぱいのー90KPa。
b0229474_1483032.jpg


 ガラスを乗せたイーゼルに接続しての吸引テスト。わずかなエアの侵入があるらしいが、ー82KPaで安定した。針がふらつくようなら要注意。実用上はー40KPaもあれば十分。
b0229474_1485099.jpg


※以上でバキュームイーゼルの作成記は一応終了するが、こんなもので実用になるのかと不審な人もいるだ
 ろうと(自分で勝手に)思うので、次回はその動作状況を紹介することにした。
[PR]
 溝切りも終わったので、いよいよマイクロプラグの取付けにかかる。まずプラグの取付け位置を決める必要がある。取付け可能な場所でいえば、排気溝につながる穴を通せるならばどこでもよい。ベースの側面でも上でも下でも可能だが、ポンプのチューブを右側から引いてくるから、付け外しが楽でじゃまにならない右手前の側面に決めた。
 右手前になる角のポンチ穴を利用してここに排気口を開けることにした。まず5㎜のドリルでベース板の厚さの3分の2ほどに穴を作る。
b0229474_2236948.jpg


 次に側面から同じ5㎜のドリルで先に開けた穴まで貫通させる。更にプラグのネジ径が10㎜なので、それより小さめの9㎜のドリルに替え、ねじ込む深さまで穴を広げる。
b0229474_22363130.jpg


 切りくずをきれいに掃除してからプラグをねじ込む。木質の穴に金属のネジであるから、ゆるみや空気もれが心配だが、例のゴム接着剤をプラグに塗ってからねじ込めば、しっかり固定されてゆるむことはない。ただし何度もやり直しはきかないから一度で決めるつもりで。
b0229474_22371630.jpg


 取付け終わったたプラグの状態。接着剤でプラグ穴が塞がっていないか確認して完了。
b0229474_1395953.jpg


※次回、ガラス乗せの両面テープを貼って完成となる。
[PR]
 前回塗ったシールド材が硬化したので次へ進む。その前に、このシールに使った接着剤は硬化後も手触りがべたついた感じで気分が悪い。そこでこの上にポスカ(POSCA)というフエルトペンを塗る。水性顔料のおかげで表面がみごとにさらさらになる。
 さて、次はゴムシートの上から空気抜きの溝を切り回す。
まず写真のように四隅に8㎜ほどの丸穴を開ける。ドリルでは無理でこれは皮細工用のポンチである。叩くのではなく左右にねじるようにして木板の表面までしっかり切り込むこと。穴の位置は用意した両面テープの巾を残した内側にあたる。写真ではゲージとして当てている曲尺の巾が、ちょうど両面テープの巾と一致している。なぜ四隅に丸穴を開けるかといえば、この方がコーナーがきれいにできる(特に切り過ぎが防げる)ことと、吸引の際に角がつぶれて空気の通路をふさぐことがないよう、余裕を作るためである。
b0229474_17334241.jpg


 ポンチで切り込んだ後、細いラジオペンチなどで引っぱり出す。底の接着剤までほじり出すことができた。
b0229474_1921856.jpg


 四隅に穴を開けたら、この穴と穴をつなぐ溝を切る。溝の巾は4〜5㎜ほど。あまり狭いと拔気の際に塞がってしまうが、広すぎても無駄なだけだ。穴の中心をつなぐ溝でもよいが、私は外側いっぱいに切ることにする。二筋の切り込みを入れるわけだが、必ず外側のラインから切ること。内側を先に切ると外側の時スポンジが歪みやすく失敗する。底まで刃が達している手応えを感じながら、一度で切り終わること。
b0229474_19112085.jpg


切り終えたら溝部のスポンジを取り去る。ただ引っ張るだけではぶつぶつ千切れてしまうので、細いヘラのようなもので底を突き掘るようにするとよい。私はじょうぶな「耳かき」を使った。底に少しスポンジかすが残ることはかまわない。きれいに取ろうとしてかきまわしすぎると、かえって溝をいためてしまう。
b0229474_19335713.jpg


 溝切りが完了した。あとはこの溝から空気を吸い出すプラグを取付ければ、拔気の通路の完成である。
b0229474_19494848.jpg


※つかれたので続きは次回。
[PR]