カテゴリ:未分類( 12 )

 タイトルはおおげさだが、要するに紙の代りに板ガラスにカーボンプリントしようということである。ことわっておくとガラスへのカーボンプリントは何も私が初めてやるわけではない。乳白色のパールグラスへのプリントは昔からあるし、ガラスはおろか、金属でも木材でもプラスチックでも大抵のものへのプリントが可能といえる。それでは、わたしがガラスにそれをやろうとする目的は何かといえば、おおげさにいえば新しい表現への挑戦であり、もうひとつは、そこにガラスがあるから、である。写真技法の一つであるカーボントランスファーは、当然のごとく紙の上での表現を当たり前のこととしてきた。わたしも、最もオーソドックスな水彩紙を始め和紙(楮、雁皮)、プラスチック紙などにプリントしてみた。わたしの未熟な技術では何れも中途半端な出来ではある。それでも一応、なるほどこの媒体にはこういう具合になるのか、という感触は得たつもりである。一応分かると好奇心が他を探し始めるのが私の悪いところ。更に昨年、機会あってすばらしい古典技法を研究しておいでのみなさんに会うことができ、特にアンブロタイプや湿板のガラスネガやの美しさに惹かれたのだ。なるほどガラスは写真の中間媒体だけではないぞと得心したといえる。カーボンプリントが様々な媒体での表現が可能ならば、ガラスでの表現をぜひ試みてみたい。まあ、有り体に言えばままた浮気心が出たのである。
 さて、透明ガラスでいかにしていかなるイメージを現すか、取り寄せたガラスを見ながら考え始めている。


*何も出来ていないので、珍しくカラーを載せました。日の当たる雪原の枯れすすき。
b0229474_22393924.jpg

※クリックで拡大
[PR]
by blue-carbon | 2012-01-28 20:21
 地元の私営郷土博物館で、若手の作家や商店経営者が、バザールのようなものをやっているので行ってみた。新作の陶器や木工などの工芸品から雑多な骨董品、衣料服飾品からコーヒーやジャム、軽食などなど、実に多様な小店が並び、やはり若い客達で混み合っていた。その中の古本を扱う店の片隅に、ヨーロッパの古い絵はがきと書かれた箱があり、三四十枚のPost Cardが入っていた。見れば全て写真画像でしかも印刷ものはほとんどなく生写真である。こういったポストカード自体は珍しくもなく、古物としてありふれたものなのだが、私自身はこれまであまり詳しく見たことがなかった。値段も安かったので、これと思う物を五六枚買って帰った。
 家に帰りあらためて良く見ると実に興味深い。時代としてはほとんどが20世紀初頭ころの作成であろう。乾板密着によるプリントで、調色による耐久性をつけたものもある。サイズは9×13.5〜14㎝、日本で大手札と呼ばれたヨーロッパ規格の乾板をさらに横に伸ばしたポストカードサイズである。
 以下に少し紹介する。

これはイギリスのカード。St' GILES CATHEDRAL, EDINBURGH. の文字が見える。表には THIS IS A REAL PHOTOGRAPH とある。
b0229474_237884.jpg

これはドイツのカード。Frankfurt a. Main, Dom, Apostelaltar. とてもきれいな画像だ。縁なしの画像だがこんなに細い白縁を後で塗っている。ドイツらしいかも。
b0229474_238653.jpg

これもイギリスのカード。Catholic Church West Hill Wondsworth の手書き文字。
b0229474_2384120.jpg

立派に銀が析出している。ダゲレオタイプのようだ。
b0229474_2391068.jpg

これが初めて手に入れたカーボンプリントのポストカード。ルーペで見ると顔料の粒子がはっきり見える。残念ながら仕上げはあまりよくない。1576 MODANE--Ville とあるからフランス南東部の小さな町の風景のはず。数字は撮影年ではありえないので不明。
b0229474_2393859.jpg

最後はイタリアのカード。表に ASSISI - S. Damiano. の文字。この画像はおどろくほど精細である。
b0229474_2310192.jpg

建物正面の銅像の台座にはめ込まれた浮き彫りを、拡大して見ていただく。『最後の晩餐』であることがわかる。
b0229474_23181960.jpg

※あまりに大量に作られたため、研究の対象にもされないようなヨーロッパのポストカードではあるが、なかなかどうして、じっくり見ていくと実に興味深く、また教えられることも多いものである。
 
 
[PR]
by blue-carbon | 2011-10-07 23:25
exPhotographyのarata氏とのツイッター交流で、Chiba-sistemという技法に魅かれるている。チバシステムとはもともと、千葉大学の大学院生である(あった?)Halvor Bjoerngaard氏の学位論文 A Non Toxic Alternative to the Dichromate Processesに書かれていた写真技法で、ネットでもアートフォト工房のMooMoo-ya氏が先駆的に紹介、研究をされている。私も以前にこの論文に目を通して見たのだが、なにせ全文英語であるから、私の錆び付いた英語力と化学力ではとても理解したとはいえなかった。論文内容はbichromate系の薬品に代わる安全なモノマー化剤を採用した顔料画像の形成で、ガムプリントとカーボンプリントに類似したプロセスが数種述べられている。これを読んだ当時私は、これではとても十分な階調は得られないだろうと勝手に判断し、興味は残しながらも追試などはやらなかった。最近arata氏のブログで氏がチバシステムを試行されていることを知り、教えを乞うた次第である。
 クロムに代わるモノマー化剤として、クエン酸アンモニウム鉄(ferric ammonium citrate)を使うことがこの技法の肝である。クエン酸アンモニウム第二鉄(以下AFCと略記)は貧血治療薬にも使われる医薬系の物質で、食品添加物としても使われている。つまりなめても(もちろん少量)安全性に問題ないわけだ。それよりも古典技法をやる人ならサイアノタイプの主剤として周知のことだろう。このAFCを用いてカーボンプリントを作りたいというのが私の願いなのである。
 そこでいきなりのカーボンプロセスは無謀なので、まずはチバシステムに沿った作成をarata氏の助けを借りながらやってみることにした。
 チバシステムの詳しいプロセスは前記のブログを参照願いたいが、簡単に書けばこのようなものだ。
 1. 紙(水彩画用紙が基本)にゼラチンで下引きをほどこす。
 2. 感光乳剤を作る。
      ゼラチン、AFC、顔料(水彩絵具)、精製水 の混合物
 3. 下引きした紙に2を塗布し、乾燥させる。
 4. ネガを重ねてUV露光する。
 6. オキシドール水溶液に短時間浸ける。
 7. 温水で現像、未硬化の顔料を抜く。
 8. 乾燥して完成
 以上のようにとてもシンプルな工程である。実際の論文ではパラメータを変化させた実験分析が細かく論述されているのだが、美術写真としての完成をめざしているわけではない。したがってわれわれは、この論文をもとに鑑賞に堪える画像を作りだすレシピを探し出さねばならないわけである。
 もっとも私は”下手の鉄砲も”の口で、まぐれ当たりを狙うしかないのであるが。

<画像が出ればもうけものでやってみた第一作、コーティングからして難しい、前途多難>
b0229474_19514311.jpg

[PR]
by blue-carbon | 2011-09-15 12:40
 相変わらず水道水は高温だが、ともかく研究あそびと読む)は続けなければと、久しぶりにとっておきのカーボンティシュを取り出した。6月ころに作成した出来の良い純黒のものだ。おや、すこししんなりしている感じだ。表面に触ってみて不安がよぎる。あきらかに吸湿している。大雨もあって長くつづいた高温多湿の天候のせいだ。保管していた暗室には一応エアコンまがいのものはついているが、24時間つけっぱなしというわけにもいかず、一日に数時間しか使っていなかった。ティシュの端を切り取って43℃の温水につけてみる。いくら揺り動かしてもカーボンは溶け出してこない。47℃に上げてやっとにじむ程度にoozeしてきた。これでは実用にならない。つまりこのカーボンティシュは死んだのである。これがあと何枚あったか、まったく残念なことである。
 このように生のカーボンティシュは、高温や多湿にさらしていると、早ければ数日から数週間で不溶解に変質してしまうことが多いのだ。そんなことはわかっていたのだが、吸湿紙に挟んでおいたのでつい油断してしまった。つまり、自分の頭も高温多湿に犯されていたわけだ。
 あたらしくティシュ作りをする前に、専用保管箱を準備しなければならないだろう。残暑は続き、多湿はいつものことであるから。
b0229474_10453379.jpg

写真ハ本文ト無関係デス
[PR]
by blue-carbon | 2011-09-03 10:30
 しばらく更新が無かった。まあ気にする人もいないと思う(確信する)のだが、一応言い訳を書くことにした。現在作品づくりには困った状況がある。それは水道水の温度のことで、連日の猛暑のため水温が27〜8度もあるのだ。カーボンプリントは15℃以下の冷水を複数過程で必要とする。現像となる未硬化カーボンの溶出以外では、ほとんどの過程で冷水が必要であるのだ。また高温の水道水はガス分も多く、とてもそのまま使えない。多少の冷却なら氷をぶちこんで下げることも可能だし、そうして来たのだが、この高温ではいくら氷があっても間に合わない状態である。もちろん冷水装置など揃える金は無い零細プリンターのことである。そんなわけで当分はカーボンプリントの作品製作はやめておくことにした。そのかわり、技法に関して思いついたことを実験しながら、少しでも自分の技術を高めたいと思っているのだが、ものになるかどうか。早く秋よ(冬でもよいから)来い。
b0229474_20241420.jpg

 
[PR]
by blue-carbon | 2011-08-10 20:26
 どうも最近しょっちゅうと読む)製作意欲が湧かないので、すこし刺激を受けようと東京のギャラリー巡りをしてきた。写真や絵画を中心に五六カ所の展示を見て回った。それぞれになんらかの刺激を与えてくれたが、その中でこれは今回の主たる目的の個展でもあったのだが、安田雅和氏の写真展に大いに感銘を受けた。安田氏は京都在住の写真家で、以前よりコロジオン法などのalternative技法を研究発表されておいでの方。幸いにも在廊されたご本人に長時間お話を聞くことができた。15年ほど前からはカーボンベルベット(アンスラコタイプともよばれる)プリント技法を追求されており、今回もその技法でのプリント20点の展示であった。実はこのカーボンベルベットプリントは私が最初にやろうと思ったalternative技法で、材料なども揃え始めていたのだが、ほぼ同じ材料を使うカーボントランスファーの方に興味が移ってしまい、とうとう試みずじまいとなったいきさつがあった。それでもいつかやってみたいという心残りのようなものが存在していたのだが、はからずもその本物に出会うことができたわけである。この技法を簡単に説明すれば次のようなものだ。ゼラチンと重クロム酸の混合物を紙に塗布し、ネガを重ねてUV露光をする。これを水で膨潤させると硬化の度合いによるレリーフができる。この上にカーボン粉末を振りかけ、刷毛づかいによって望みの階調を現していく。いわばオイルプリントの粉末版、といえばお手軽に聞こえてしまうが、逆に作者の写真技術に加え絵画的センスが決定的な優劣となって現れる恐ろしい技法でもある。
 さて、安田氏の作品は全作パリの情景ということだが、漆黒のトーンがその名のようにベルベット生地のようなつや消しの艶をたたえ、光の角度では銀色のかがやきを放つまことに美しい画面であった。写真ではあまり使われないマチエールの美しさという言葉がふさわしいだろう。細部の写実描写を求める技法ではないのだが、逆にその特徴を生かすためのネガ作りからの工夫がこらされているという。不思議に被写体の持つ材質感や立体感も感じることができた。写真と絵画の幸福なfusionであろうか。
b0229474_20133355.jpg

at東京四谷 Roonee 247 Photography
[PR]
by blue-carbon | 2011-07-30 11:09
 私のように地方の田舎で写真をやっていると、オルタナティブ技法に必要な用品や材料、薬品等の入手に困ることが多い。従来の銀塩系の暗室用品さえ、どんどん店の片隅に追いやられている。都会(特に東京)などに比べて専門店が圧倒的に少ないということもあるが、たとえ専門店があったにしても、少し特殊なものは在庫しないのが普通であるから、取り寄せということになる。取り寄せてもらえるならまだ幸いであるが、扱っていない、の一言で断られることも多いのだ。店側としては、そんな名前も知らないようなものを、それも少量を手間かけて探して仕入れても商売にならないということだ。
 そんな状況を救ってくれるのがインターネットである。ネット上で販売対象となっている膨大な商品の中から必要なものを探し出し、注文すれば数日で手元に届く。この便利さはありがたい。それどころか、別のものを検索中に、たまたまこれは使えると思うものを発見して幸運なこともけっこうあるのだ。ただ、ものによっては、送料や手数料が商品価格を上回りそうになることもあり、また取り寄せてはみたものの、想像と違い無駄になったりすることも多々ある。店で手にとってたしかめられないことがうらめしくなることもあるのだ。それでも、ネット販売がなかったら私の楽しみは半減それ以下になっていたことだろう。一方、地方の商店にとって、頭の上をネット販売の商品が飛び交っている状況は、これでいいのだとはとても言えないことも確かである。地方特産品の販売などにインターネットが活用されていく傾向はあるのだが。
b0229474_15103026.jpg

[PR]
by blue-carbon | 2011-06-15 15:25
 以前カーボンプリントに適したピグメントがなかなか見つからない、と書いた。粒度の点で大きすぎたり不揃いだったりして、カラーティシュ(これは私の呼び方)化しづらい、というのが要旨だった。粒度がよければ色合いが悪い。色合いがいいのに重すぎて無理。といったふうで、実際に作品化するものは、やはり墨液かチューブ入りの水彩ガッシュ類が多くなってしまう。そんなわけで、常に使えそうな色材を探しているのだが、最近具合よさそうな顔料系の色材を見つけたので早速注文した。現在期待しながら到着を待っているところだ。どんな物かは試用の結果を見てお知らせする。
 ところで、ネット上で見かけて、これは!と一瞬胸が躍った絵具があった。ターナーの製品でジャパネスクカラーというチューブ絵具だ。一般に洋画でも日本画でも、絵具の単色は彩度の高いものが多い、複雑な色合いは混色や塗り重ねで作ることが当たり前だからである。それがこのジャパネスクカラーは、最初から実に深い色調で、十分に暗部を作れる濃度を持っているではないか。ところがよく見れば、残念なことにこれはアクリル系であった。乾燥すると耐水性に変わるアクリル絵具では、カーボンプリントは無理なのだ。落胆の瞬間であった。ターナー色彩株式会社さん、このジャパネスクカラーの水彩版を出してくれませんか。
b0229474_23392971.jpg

[PR]
by blue-carbon | 2011-06-10 23:48
 前にカーボンプリントの色は自由と書いたが、もちろん使える色材があればのことである。日本画用の顔料ではどうか。一口に顔料と言っても、その由来物質によりさまざまであるが、概して粉体で市販されているものは、粒度がかなり細かくてもむずかしい。それはゼラチンに混ぜたのち、支持体に塗布するまでの間に、粒子がどんどん沈殿していってしまうからである。もともと画材の顔料は粒度を揃えてあるはずだが、それでも大きな粒子から沈んでいってしまう。逆に荒い粒子を除くためには、これはある程度必要な過程でもあるのだが、顔料は「岩料」でもあるから、比重の大きな原料のものだと、ビーカーの底にヘドロ状に溜まってしまい使えない。かといって無理に混ぜれば、表面のきたないムラなティシュとなってしまう。日本画の顔料の中には、使いたい魅力的な色が多いのだが、上記のような理由であきらめている物が多い。それでは、再磨碎してもっと細かくしたらどうかといえば、こんどは色が薄くなり最大濃度が落ちてしまうのである。要はゼラチン中に安定して懸濁状態でいるものが理想ということだ。以上は目下の研究課題である。
 さて、日本画顔料を使った作は後に回して、今回の色は、実はPGIさんの販売しているカーボンティシュを使ったもの。B&S社のforest greenである。デジタルネガに細工をしてピクトリアリズム調にしてみた。けっしてご本家作家のみなさんの作とは比較しないでいただきたい(苦笑)。

b0229474_23334785.jpg

    24×15.5㎝(クリックで良質画像)
[PR]
by blue-carbon | 2011-05-18 10:00
 サイアノ+プラチナといきたいところだが、気分だけにして、これはインクジェット+ジア。青色の範囲でお分かりだろう。残念ながら実物はかなりプアである。このブレンドに意味があるかどうか微妙。それでもディープシャドウほど黒に近づくことの効果はありそうだ。両者の配分しだいでは、かなりよさそうな気もする。インクジェットなら色調は何色でもOKだから、いずれ思い切った色で試してみたい。
b0229474_21154539.jpg
May 2011
[PR]
by blue-carbon | 2011-05-12 10:00