2011年 07月 19日 ( 1 )

 溝切りも終わったので、いよいよマイクロプラグの取付けにかかる。まずプラグの取付け位置を決める必要がある。取付け可能な場所でいえば、排気溝につながる穴を通せるならばどこでもよい。ベースの側面でも上でも下でも可能だが、ポンプのチューブを右側から引いてくるから、付け外しが楽でじゃまにならない右手前の側面に決めた。
 右手前になる角のポンチ穴を利用してここに排気口を開けることにした。まず5㎜のドリルでベース板の厚さの3分の2ほどに穴を作る。
b0229474_2236948.jpg


 次に側面から同じ5㎜のドリルで先に開けた穴まで貫通させる。更にプラグのネジ径が10㎜なので、それより小さめの9㎜のドリルに替え、ねじ込む深さまで穴を広げる。
b0229474_22363130.jpg


 切りくずをきれいに掃除してからプラグをねじ込む。木質の穴に金属のネジであるから、ゆるみや空気もれが心配だが、例のゴム接着剤をプラグに塗ってからねじ込めば、しっかり固定されてゆるむことはない。ただし何度もやり直しはきかないから一度で決めるつもりで。
b0229474_22371630.jpg


 取付け終わったたプラグの状態。接着剤でプラグ穴が塞がっていないか確認して完了。
b0229474_1395953.jpg


※次回、ガラス乗せの両面テープを貼って完成となる。
[PR]