UV露光機を新作するぞ

 これまで使っていたUV露光機が小さくて不満だったので、大きめのを作ることにした。

 現在のものはこれ。

b0229474_10305584.jpg光源部(15WUV管8本)

b0229474_13453479.jpg排熱ファン(反対側に吸気フィルター)

b0229474_10321327.jpg電源部(15W用インバータボード×8)

 写真説明
 光源部は水平に置いたイーゼルの上10〜20㎝離して、伏せて設置。ほぼ最大10×14inのプリントができた。設計ではイーゼル密着式を考え、電動放熱ファンまでついている。しかし、多少離して照射しても十分で、そのほうが使い勝手もよいので無用の長物となった。
 電源部は独立して製作した。インバータの採用は、安定器(スターター)式にくらべ発光の効率と安定に優れ、また蛍光管の疲労も軽減されるため、長期の使用を考えると有利と判断した。結果として大きく重い安定器などが不要で軽量コンパクトにできた。さらに点灯時間のコントロールが、手持ちの引伸機用タイマーをそのまま利用できたことも幸いであった。
 ただ、こうしてあらためて見ると、光源部/電源部共に必要以上に凝りすぎた作りである。次作はおおいに合理化の必要がある。

 そこで今度の製作はできるだけシンプルな構造とし、光源部と電源部を一体化する。
 構成は20W×10本で、やはりインバータを採用する。
 
 製作過程は今後順次upしたいと思う。
[PR]